デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

驚くほど中身が無い。 インデペンデンス・デイ:リサージェンス

イメージ 1
 

目の前で景気のいい戦闘シーンが繰り広げられているというのに、何故か瞼が重くなり…。

 

まさかID4の続編で寝落ちするとは思わなかったなあ。

 

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

2016年/ローランド・エメリッヒ監督)

 

異星人の地球侵略を阻止してから20年。つまり前作からリアルタイムで20年後の現在が舞台なのですが、異星人の円盤に残されたテクノロジーをガメ…あいや応用して技術革命が推進されたため、“もうひとつの2016年”になっています。

 

月に前線基地なんぞも出来ており(司令官は中国人)、現在だけど近未来な佇まい。

 

ここに奴らがリベンジにやって来て20年ぶりの大騒ぎ。若い奴らには魅力も頭もないので前作のメンバー(除くウィル・スミス)が爺さんパワーで大活躍。


イメージ 3
いつものCG、いつもの災厄。
 

…という建てつけはいいのですが、とにかく脚本が薄い・浅い・散漫

 

どーでもいい話があっちでちょろちょろ、こっちでたらたら。

 

前作にあった燃えるボンクラ魂がまるっと抜け落ちて、オフィスで同期が小競り合いレベルの話が延々。

 

脚本家が5人掛かりでこのていたらくとは(船頭多くして…の典型か)。


イメージ 2
なあ、どう考えてもデカすぎるだろ、この円盤。
 

戦闘パイロットの紅一点が中国人なのですが、常にキメ顔ってだけで見せ場無し。要所要所に中国人が顔を出すのは資本の論理として仕方が無い(最早アメリカにとって日本はエキストラ以下の存在)ですが、もうちっと作品に貢献するキャラ設定にしてやれよ。

 

本論であるべき侵略話も「またコア?」「また核?」「またクイーン?」「なにこれイスカンダルの贈り物?」なテイストで新鮮味ゼロな上に理屈が理解不能


イメージ 4
何でクイーン倒せば勝ちになるんだ? だったら単独で外出るなよ。
 

笑えたのはウィル・スミスが訓練飛行中の事故という情けない理由で死んでいた(ホワイトハウスに遺影?が飾ってある)ことくらい。

 

続編作る気まんまんの終わり方ですが、流石にフォックスがGOサインを出さないでしょう。


イメージ 5イメージ 6←ランキング投票です。よろしければワンポチを。