デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

祝!オリジナル完全版公開。 フリードキン版恐怖の報酬

イメージ 1
 

2007年といういささか古いデータですが、Total Film MagazineThe Greatest Film Directors Everというランキングを発表しています。

 

http://www.filmsite.org/greatdirectors-totalfilm.html

 

1位はヒッチコック。以下、スコセッシ、スピルバーグ、ホークス、コッポラがBest5

 

日本人では黒澤が11位、宮崎駿25位、小津安二郎33位にランクインしています。

 

上から50人眺めた所で『な、ない。マイ・フェイバリットなカーペンター、ロメロ、アルジェント、フーバーの名前が…。何よりウィリアム・フリードキンの名前が!』

 

50位以下を見るとようやく63位にカーペンター、77位にフリードキン、79位にロメロが顔を出します(アルジェント、フーバーに到っては100位にも入っていない)。

 

元々マイノリティなホラー監督は仕方ないとしてもフリードキンの77位は低すぎるだろ。

 

英国集計というのもあるかと思いますが、過小評価監督の筆頭のように思います。

 

そんなフリードキン痛恨の1本(短縮版で公開された挙句、権利関係の問題で永らくソフト化も再公開もできなかった)「恐怖の報酬」がオリジナル完全版でスクリーンに蘇ることになりました。

 

私の中では「物体X」「スカーフェイス」と並ぶ“オリジナル超え”ベスト31本。

 

1124日から東京・シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。未見の方はこの機会に是非。

 

完全版のレビューはこちら。

やっぱり傑作! フリードキン版恐怖の報酬[北米版BD]


53年のクルーゾー版レビューはこちら。

前半長すぎ、と思ったけど撤回。 恐怖の報酬(1953年版)


不遇の監督フリードキン作品のレビューはこちら

腐女子よ観ろ!そして引け! クルージング

いいのかフリードキン、こんな映画撮って。 BUG/バグ

もはや神憑り。 フレンチ・コネクション(の音声解説)

その男、凶暴につき。 L.A.大捜査線/狼たちの街

ランボーV..トラウトマン? ハンテッド

イラクロケの見返りは血糊? エクソシスト(の音声解説)



イメージ 4イメージ 5←ランキング投票です。よろしければワンポチを