デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

美しき死体の立体曼荼羅。 アクエリアス

イメージ 1

羽毛の舞うステージに死体を並べて悦に入るフクロウマスクの殺人鬼。

気の触れた肉体コラージュ、美しき死体の立体曼荼羅

この絵柄だけでお釣りが来ます。

アクエリアス(1986年/ミケーレ・ソアビ監督)

嵐の夜、ホラー・ミュージカルのリハーサル中の劇場に精神病院を脱走した元役者の殺人鬼が・・という設定自体は実にオーソドックス。

殺されるのはフリーランスの役者、演出家、プロデューサー。

ソアビ監督は、各人の関係性のみを丁寧に描写し、キャラクターには深入りせず。殺人鬼も“殺す役割の人”どまりで、何故彼が狂ったのか、何故16人もの人を殺したのか、については言及なし。

密室という器にハンターと獲物という記号的役割で話が進んでいくのですが、フクロウマスクという斬新なビジュアルと流麗なテンポ(前半ちとモタつきますが、後半はイケイケ)、そして冒頭紹介の狂った舞台のため、心に残る1本となっています。

恐怖シーンや雰囲気作りは師匠アルジェント譲りですが、意味不明なカット挿入や投げっぱなし伏線とかは真似せず、理を通す賢い弟子です。

※参考:「デモンズ95」→2008年5月27日
    「デモンズ3」→2010年9月19日
    「デモンズ4」→2010年9月21日