デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

アイデア賞スタンガン。 ソルト

イメージ 1

こりゃトム・クルーズの土俵なんでないかい?と思ったら、本来トム様主演を目論んでいたら断られちゃったので、性別変えて書き直したものなんだそうで。

アンジー版ミッション・インポッシブルです。

 

「ソルト」2010年/フィリップ・ノイス監督)

 

イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)はCIA分析官。『今日は結婚記念日だから定時であがらせてもらうわ』とルンルンな彼女を呼び止める声。

 

『ロシアからの逃亡者が出頭してきた。密告者だ。尋問を頼む』

 

密告者が語るKAプログラム(子供の頃から徹底教育されたエージェントを米国に潜入させ、その日が来るまで潜伏させる「テレフォン」+「ブラジルから来た少年」プロジェクト)

KAプログラムは神話の類と一笑に付したソルト。その背中に浴びせられる一言。

 

『ロシア大統領が訪米時に暗殺される。
暗殺者の名前はイヴリン・ソルトだ』

 

濡れ衣か、目くらましか。CIAを敵に回したソルトの逃避行…まあ、それなりのドンデン返しはありますが、ストーリーよりもアクションで魅せる映画です。

 

イメージ 2

 

脚本が「リベリオン」の(と言えば聞こえはいいですが「ウルトラヴァイオレット」の、と言うと『嗚呼』、な)カート・ウィマー、監督は「ブラインド・フューリー」撮った人。

観終った後はスカっと忘却。スパイものとしての印象は超薄味。

アンジーの得物は「SIG-Sauer P229」「Beretta 92F」「Glock 19」などオーソドックスなものばかりですが、1点唸ったのがX26 Taser

 

イメージ 3

 

電極針のついたワイヤーが飛び出して相手に刺さるスタンガンなのですが、この電気ショックで乗っ取った車の運転手を操作する(瞬間的に走る電流による痙攣でブレーキ踏ませたり、アクセル踏ませたり)という離れ業を披露。

 

そんな使い方があったのか…。

 

★ご参考 

 

 

 

 

イメージ 4←ランキング投票です。よろしければワンポチを