デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

気持ち悪い。PERFECT BLUEパーフェクト ブルー

イメージ 1
アニメで本格的なホラーと心理描写。世評は批判を許さない高評価。

実写でやったら恐ろしくチープになりそうな題材をアニメならではの描写で表現・・した事が高評価に繋がっているようですが、本当にそうでしょうか。

PERFECT BLUEパーフェクト ブルー」(1998年/今敏監督)

C級アイドルから女優に転進したものの、理想と現実のギャップに苦悩する主人公・未麻(岩男潤子)。

彼女をつけ回すストーカーの影。克明な日常の記録を日記にしたてた“なりすまし”HP。そして身辺で起きる連続殺人事件。やがて恐怖の矛先は未麻自身へ。

冒頭から描かれるC級アイドリアンの生態に激しい嫌悪(近親憎悪?)。

直球のストーカーものと見せかけてクライマックスで大リーグボール並みに捻る構成はなかなかですが、未麻のドッペルゲンガーと○○の多重人格、更に××の幻影を画的に同一のものとして見せる演出はトリッキーを素通りして破綻しています。

アニメならではの表現というよりは、アニメにしないと誤魔化せないからアニメにした、という気がしてなりません。

ついでに言えば、実写だと話が殺伐としすぎて気が滅入るので、現実と適度な距離をとれるアニメキャラが必要だった、という事情もあったのではないかと。

黒沢清あたりなら良い感じに実写化してくれたかもしれませんが・・。