デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

B級カルトな特殊映画、ホラーにアニメに格闘技、酒にメタルにフィギュアに銃。日頃世間ではあまり顧みられる事のないあれやこれやを過剰なる偏愛を以てご紹介いたします。

#映画監督

建物全部持ってこい! 中野昭慶「妖星ゴラス」を語る。

「ようし、東宝にある建物全部持ってこい!」 国会議事堂、東京タワー、銀座の街並みを次々と冬の利根川に投げ込めば、水没都市・東京の出来上がり。 「尺は合ってないし、木製だから浮くし、寒いし」 ご苦労、お察し申し上げます。 「中野昭慶、妖星ゴラス…

出て来い、キャメロン! コーマン帝国

「アカデミーが感謝している。 ハリウッドが感謝している。 独立系映画が感謝している。 だが何よりも ワイルドで奇妙でクールでクレイジーな映画をドライブインシアターで観た地球の映画ファンが感謝している!」茶番と言ってしまえばそれまでの2008年アカ…

追悼:デヴィッド・エリス監督。 シャーク・ナイト

デヴィッド・リチャード・エリス監督が1月7日急死いたしました。60歳。ヨハネスブルグで新作の準備中に。 代表作は「デッドコースター」「セルラー」「スネーク・フライト」「ファイナル・デッドサーキット」。 もうド真ん中でこっち側の人。しかも最新作…

カナダからの悪夢。クローネンバーグ15の狂った名場面

またしても英TOTALFILMが妙なランキングを発表しました。題して「クローネンバーグ15の狂った名場面(15 Craziest Cronenberg Moments)」。作品ではなくシーンのランキングで、嫌々インパクトの序列です。栄えある1位は「ブルード/怒りのメタファー」から“…

追悼:森田芳光。 ピンクカット/太く愛して深く愛して

森田芳光監督がお亡くなりになりました。 12月20日。急性肝不全。61歳。 若いですね、まだ。有名作や最近作は誰かが取り上げると思うので割愛。 私的森田ベストは商用デビュー作「の・ようなもの」と、「家族ゲーム」…と同じ年に作られた、 「ピンクカット/…

拝啓金子監督。ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

念願叶ってのゴジラ演出ですが、本当にこれで良かったのかい、金子監督?「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(2001年/金子修介監督)相方の怪獣はあの3体で良かったの?当初想定はアンギラスとバランだったそうですが、スター怪獣に改変したの…

そんなに神になりたかったのか。 しんぼる

底の浅さと中身の薄さを悟られない為の思わせぶり。“分かる人だけ分かればいい”という甘美な逃げ口上。出られない空間=何ぴとも入れない空間。四方を囲む白い壁は、ピンク・フロイドの「ザ・ウォール」か、はたまたA.T.フィールドか。「しんぼる」(20…

追悼、出崎統。 あしたのジョー2/第25話・第6ラウンド…奇跡が起こった

『リングの上で、世界一の男が俺を待ってる。だから、行かなきゃな』 出崎統監督がお亡くなりになりました。 4月17日午前0時35分、肺がん。67歳。 止め絵、反復、光るゲ□…俺ジナルな数々の演出技法は記憶の襞に刷り込まれまくっています。 思い入れは人そ…

ロブ・ゾンビはレイア萌え? ハロウィンⅡ[の監督音声解説]

「今回のマイケルは人間なんだ。ブギーマンなんかじゃない。これが本来あるべき編集だ。元の形に戻せて満足だよ」 人として壊れた兄、その兄とシンクロして壊れていく妹、その先にあるのは永遠の家族。 「ハロウィンⅡ/アンレイテッド・バージョン(のロブ・…

意味が分からない…。 カムイ外伝

私が今観たものは何だったのだろう?映画・・か?(多分、違うと思う)「花のあすか組」を観て以来、この監督に演出の才があると思った事はありませんし、「ゼブラーマン」を観て以来、クドカンという人に脚本の才があると思った事もありません。にしても、…

直感は人生の必需品。 恐怖の詩学/ジョン・カーペンター

『直感を信じないなら他に何があるんだ?』 仕事の成功譚を自慢タラタラに綴ったビジネス本読む暇があったらこの本100回読みましょう。 「恐怖の詩学/ジョン・カーペンター」(ジル・ブーランジェ著) カーペンターの映画には所謂「ディレクターズカット版…

戦争が父、差別が母。ホラーの夜明け。アメリカン・ナイトメア

「やはりホラーは十分立派だ。なぜなら、この人たちが立派だからだ」(黒沢清) 私もそう思います。 「アメリカン・ナイトメア」 (2000年/アダム・サイモン監督) “この人たち”とは、ジョージ・A・ロメロ、ジョン・カーペンター、トビー・フーパー、デビ…

やはりドラマの本質はホモだなあ。 蒲田行進曲

『お前は志半ばで死んでいく勤皇の獅子だ!簡単にくたばるな!這って来い、上がってこい、ここまで!』『銀ちゃん、かっこいい・・』結局、ヤスが命懸けで階段を転げ落ちる理由は、銀ちゃんを男栄えさせる事なんですよねえ。 「蒲田行進曲」(1982年/深作欣…

追悼:ダン・オバノン(とオバノンBEST WORKS)

ダン・オバノン先生がお亡くなりになりました(泣)。12月17日。炎症性腸疾患クローン病(なにそれ?)。63歳。まだ若いじゃないですか。改めてプロフィールを眺めれば、「ダークスター」に始まり、「エイリアン」「ゾンゲリア」「バタリアン」「スペース・バ…

フェリーニ原理主義者だけ。 オーケストラ・リハーサル

『僕も楽器をやっていたから分かるけど』とか、『あれはこれのメタファーで』とか、『監督の意図した暗喩と隠喩は』とか言い垂れて悦に入っている人にとっては珠玉の名作なんだと思います。 「オーケストラ・リハーサル」 (1978年/フェデリコ・フェリーニ…

ついに始動。狙うは死者数ナンバーワン。 感謝祭

グラインドハウスのフェイク・トレーラーの1本がいよいよ単独長編として始動するようです。 「感謝祭(Thanksgiving)」(イーライ・ロス監督) 2007年5月段階では、同じくフェイク・トレーラーの「ドント(Don’t!)」(エドガー・ライト監督)の本編…

まずは監督の体を張った前説を! 片腕マシンガール/其の壱

内容が凄まじ過ぎて1回では収まりそうもありません。「片腕マシンガール(の前説)」(2008年/井口昇監督)DVD初回限定の「マシン缶」が滅茶苦茶かっちょいい。これをかぱっと開けると本体が。ジャケットはリバーシブル仕様。高橋ヨシキ氏の手による日…

殺人魚フライングキラー

うむむ。キャメロンが「なかった事」にしたがっているデビュー作をようやく鑑賞。 「殺人魚フライングキラー」 (1981年/ジェームズ・キャメロン監督) 「ジョーズ」のエピゴーネンとしては「アリゲーター」と並んで「よく出来ました」と褒められている「ピ…